AirTagが届いた

Posted on
カテゴリ:iPhone ガジェット

前に注文していたAirTagが届きました。今回はApple Storeで購入して刻印サービスを使ったので発売日には届きませんでした。まあこの辺は毎度おなじみなのであまり気にしていませんが。
AirTagパッケージ
AirTagパッケージ

AirTagパッケージ
問題はAirTagのためのキーホルダーが一緒に届いていないことです。これがないと持ち歩けません(笑)

ペアリングについてはAirPodsを使ってる人はおなじみの方法なので簡単にセットアップできました。
iPhone11以降で利用可能なUWBを使ってAirTagに近づくと方向を教えてくれる機能はすごく便利です。

キーホルダーが届いたらしっかり使っていこうと思います。

AirTag購入

Posted on
カテゴリ:iPhone

4月23日21時よりAirTagの注文ができるようになったので1つ購入してみました。

私が購入したのはApple Storeです。刻印サービスを使いたかったからです。普通に購入すると4月30日到着で刻印サービスを使うと5月2日到着になりました。
問題はAirTag本体よりもアクセサリーが同時に届かないことです。アクセサリーはBelkinの一番安いのを選択しましたが5月14日〜の到着です。これだとAirTag本体が届いても全然使えないです。

AirTag自体は紛失したときどの場所に落としたか確認できるデバイスです。人間を探すことはできないようにプライバシーの設定がされていますし、AirTag自体はアクティベーションするので誰が登録したものかAppleはわかってるので悪質な使い方はできないようになっています。
ネットの記事を見ているとAirTagを拾った場合はAndroidでも通知できるみたいです。たぶんNFC使ってるのかな。なのでもし落とし物を拾ったら警察に届けると落とし主に返還される可能性が高くなりそうです。

実際に商品が到着したら使ってみたいと思います。

 

Appleの新製品

Posted on

AppleのイベントでM1搭載iMac、iPadPro、AirTagが発表されました。

imacはカラーリングが増えていて、今までのシルバーとは違った色なので実物を見るのが楽しみです。M1チップを搭載したことで本体がさらに薄くなっているので家に置いておくには非常にいい感じです。

iPadProはそれ以外のiPadがどんどん新製品が出る中置いて行かれていたので順当な新製品だと思います。処理速度が向上しているので古いiPadProを使ってる人はちょうどいいタイミングかと思います。自分は今持ってるiPadProが2世代前なのですが全然使い倒してないので今のところ購入する予定はないです。

AirTagは噂がでては消え、出ては消えていた商品です。いわゆる忘れ物防止タグです。すでに他のメーカーから発売されていますのが、Appleブランドであることやプライバシーに配慮しているという点が他社との違いだと思ってます。こちらは購入したいと思ってます。せっかくなので印AppleStore字

iPhone 11 Pro Maxを購入

Posted on
カテゴリ:iOS

新しいiPhoneであるiPhone11が発売されました。

自分はiPhoneXを持っているのですが、せっかくなのでタピオカカメラ搭載のiPhone11を購入することにしました。

正直最近のスマホは新しい端末でも性能が倍になることは希でほとんど変わらないのが普通になってます。そんな中で新しい機種を買う動機はそれ以外の部分の変更点があるかどうかでしょうか。

iPhoneXを持っているのでサイズは一番大きな方を選択しました。

iPhone11ProMax

いつも思うんですが、新しいスマホを新しいスマホで撮影できないんですよね(笑)

カメラは近接撮影が簡単にできるようになっていてさすがタピオカレンズだと思いました。

端末カラーを見るとボトムスカラーという人もいますが世代がバレますね。ちなみに私はボトムス見たことないです。

 

使ってみるとiOS13がどうにも安定してません。アップデートを繰り返しているのである程度落ち着くまではだめそうです。

とはいえ新しいスマホを手に入れたので色々やってみようと思います。

WWDC2019で発表された新情報

Posted on
カテゴリ:その他

WWDC2019で新しい情報が多数発表されました。

細かい情報は各メディアに任せるとして私が気になった情報のメモ。

 

1)MacProの発表

元々2019年に発売するという情報は公式にありましたが、実際にハードウェアが見える形で発表があったのは初でした。

プレゼンを見ていく中でスペックがやばすぎな時点で50万円超え確定だなって思ってましたがもれなく当たりました。50万円以下のProがほしい人はiMacProが選択肢になりますね。

Xeonが28コアが出てきた時点で価格爆発です。フルスペックの価格が気になるところですが、300万円くらいを想像してます。

発表されてやっとMac miniを買えます(笑)自分はこれくらいのスペックで十分です。

 

2) iPadOS

タブレット向けのOSということでAndroidのHoneycombの悪夢を思い出したのは辛いところです。

macOSとジェスチャーが微妙に違うのが気になります。ただSDカードやUSBメモリーを扱えるのは非常に便利ですね。

業務でiPadを使うことが今以上に増えそうです。

 

3)iOS13

iOS13自体は特に驚く点はないのですが、後でニュースサイトを見てみるとiPhone 6 / 5sがサポートされなくなるとありました。

iPhoneSEとiPodTouch(第7世代)は対応されるので5インチサポートは相変わらずありますね(笑)

この辺整理してほしかったんですがまだまだ続きそうだと思いました。

 

今回の発表は昨年に比べると面白いものでした。やっぱりいいですね。

生でKeynoteを見るのは。興奮が直に伝わってきます。