SSDのファームウェアの更新に失敗して使えなくなった

Posted on
カテゴリ:その他

久々にファームウェアのチェックをしてたら、更新があったのでファームウェアを書き換えました。
そして、PCを再起動するとWindows7が起動しません。
調べてみると・・・


更新しようと思った、SSDはCrucial m4 64GBです。
ファームウェアの更新情報は、公式サイトにありました。
なんでもVersion.0309にアップデートしないと、「SSDの利用から5184時間後に、SMARTカウンターが反応しなくなる」問題があるようです。

Crucial 2.5インチ 内蔵型 SATA3.0対応 M4 SSDシリーズ 64GB CT064M4SSD2

早速自分のPCのSSDは64GBなのでm4 64GBのファームをCD-Rに焼いて起動。書込。
まあ、なんの問題もなくいけました。

で、再起動したら起動パーティションがないと怒られ????状態に。
PC開けてみるとSSDの型番がC300・・・・。

あーーーーーー m4じゃない。
というわけで、SSDがお亡くなりになりました。m4のファームウェアをC300に書き込んだら動きませんよ普通。
ファームウェアのアップデートは保証対象外なので、どうしようもないです。

しょうがないので、週末SSDを購入しようと思います。
(SSDって結構高いんだよなぁ。HDDも値上がりしたから安く感じるけど、やはり高いです。)
作業前にバックアップを取っておいたのが、救いでした。
バックアップ作業って面倒だけど、いざって時はほんと助かります。

Crucial SSD 256GB CTFDDAC256MAG-1G1

m4 SSDはPS3側に入っていたので、そちらは無事ファームウェアのアップデートをすることができました。
こちらはなんの問題もなく、使えています。

皆さんも間違えないようにしてください。

"SSDのファームウェアの更新に失敗して使えなくなった" 3件のコメント

    1. あはは、やってしまいましたか。
      とりあえず、動かなくなったSSDはサポートに出してみようと思います。
      もしかすると修理可能かもしれませんので。

みやけん へ返信する コメントをキャンセル

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)