劇場版ソニック・ザ・ヘッジホッグをみた

Posted on
カテゴリ:その他

3Dモデルが可愛くないと評判(?)になったソニックの映画を見てきました。コロナの影響で映画館が2ヶ月くらい営業してなかったので久々の映画館です。

不評だった3Dモデルは変更され可愛くなってました。例えるならメガドライブのソニックデザインでしょうか。名探偵ピカチューもそうですが、なんでみんなフサフサにしたがるんでしょうね。不思議です。

実際この映画期待してませんでした。大抵のゲーム原作の映画は転けてます。あの任天堂のマリオですらダメでした。アニメとかゲーム原作の作品は結構ハードル高いんですよね。やっぱりファンが多いからでしょう。

映画のネタバレはしないので気になる人は映画館へどうぞ。

やっぱりオープニングのセガのロゴ部分は思い入れある人にはちょっと涙がでる演出ですね。後エンディングもよかった。
セガ=ソニックという時代があったことを思い出します。今はソニックもほとんどアレ扱いで微妙です。(オリンピックで配管工のおじさんと戦ってるのが唯一の救いです)

今回映画を見ようと思ったのは、ジムキャリーが出演してたからです。
彼の作品はマスクで知ったのですが、この映画はひどい(笑)
でもコメディ部分は面白かったのでそれに期待してみました。
予想以上に普通に楽しめる作品でした。ソニックを知らなくても楽しめるそんな映画でした。
ソニックの相棒役の人はサイクロップスだったんですね。後から知りました。X-MEN結構古いので忘れてた。

続編が確定したニュースをみてから映画を見たのでラストの展開は胸熱でした。このままいくとモグラの彼も出てきそうな勢いがあります。
続編もいい意味で期待したいと思います。

 

 

iPad 向けのMagic Keyboardを購入

Posted on
カテゴリ:その他

ちょっと前にiPad向けMagic Keyboardが発表されていましたがやっと購入できたのでレビューです。

実際にiPad Pro 11 と組み合わせみた最初の感想は、重い。これは重いぞという重さでした。MacBookPro13と同じくらいの重さがあってこれを組み合わせて持ち歩くと大変だぞってことでした。

キーボード自体は使い慣れているMacbookProのキーと同じなので打ちやすいです。一部のキーは小さいのでちょっと打ちにくいですがなんとかなってます。

アプリの切替もmacと同じように3本指でスライドさせると切替ができるので作業がやりやすいです。

いい買い物でしたがやっぱりお値段がちょっと高いので、2万円くらいで売ってもらえると助かります。

 

コロナの影響

Posted on
カテゴリ:その他

コロナの問題で日本中がドタバタしてる今日この頃。

緊急事態宣言の該当地域にいるので仕事も生活も少し大変です。自由に行動ができないことがこれほと辛いとは思っても見ませんでした。

ただ今は家で作業できるように環境の準備をしていたので影響はそこまで大きくありませんでした。やっぱりパソコン一つで作業ができる仕事をしてるとこういうときにありがたいですね。

リモートワークで活躍してるZOOMやSkypeも以前から使っていたので実際に業務で使うようになっても快適に使えてます。一番便利に使ってるのはSlackかもしれません。やはりコミュニケーションツールを事前に準備してあるとすごく快適です。自分でツールを選定して決められるのもありがたいです。

ニュースを見ていると意外にもリモートワークできる人は全体の5%くらいしかいないという指標もあるようです。確かに対面商売してる飲食店や製造業は基本出社しないと仕事できないですよね。IT社会といってもまだまだアナログな部分が多いですね。その代わりにECが延びているのか気になるところです。

早くコロナ問題が収束して平和な日常に戻って欲しいと思ってます。

映画館でバックトゥ・ザ・フューチャーをみてきた

Posted on
カテゴリ:その他

Time is Back.

Out at Time.

昔TVで見た映画を映画館で見る機会があったので行ってみました。
もちろんこの映画は有名だし、テレビの映画放送で何度も見ました。(吹き替えだと三宅裕司バージョンとか色々ありますね。)DVDやBDはもちろん持ってます。

でも1度も映画館でみたことなかったんです。

実際に見てみると映像の横幅が今よりも狭い。そして1990年代の映画は3DCGが本格的に導入される前だったので、いろいろと工夫して映像を作っているのがわかるのでとても楽しいです。今だと3DCGでなんでもできるので映像がすごいで終わってしまうことが多いです。

バックトゥ・ザ・フューチャーは映画館でみても色褪せない素敵な作品でした。Part2とPart3も映画館でみようかな。

映画 1917

Posted on
カテゴリ:その他

予告編で気になっていた、「1917」を見てきました。

ワンカットをうたい文句に言っていただけの通り流れるようにシーンが変わっていって驚きました。

映像はワンカットですごい!というのはすごく伝わってきますが、実際には音響もよかったです。

この作品は是非映画館で見て欲しいと思った作品でした。

後からキャストを振り返るとゲームオブスローンズに登場した人達が多いんですね。大きくなったな・・・・ディーン=チャールズ・チャップマン

キングスマンのキャストやドクターストレンジも参加してるとは豪華すぎです。

 

 

 

以下ちょっとネタバレ。

日本の予告編では全編ワンカットっていってましたが、実際はワンカット風です。メイキングを見てもワンカットを繋げてワンカット風に作っていると監督が言ってますし。

CMのうたい文句がひどいのと間違えを誘うようなキャッチコピー付けるのはやめてほしいですね。映画自体はよかったのにこういうところで気分が下がるのは映画をみる人からすると気分のいいものではないです。